最新更新情報FXデイトレード、スキャルピングで大儲け!記事

2011年07月27日

スキャルピング手法 5min EMA20と1min EMA20を利用したスキャル手法

5min EMA20の上下で1min EMA20を抵抗ラインとしてトレードに利用する。

トレード通貨 ユーロドル

5min EMA20の上で推移している相場 1min EMA20を買い場とし利食いは1min EMA20との乖離により1〜5pipsを狙う。ストップは建値もしくは5〜10pipsとする。

勝率がかなり高いトレードとなるため1回あたりの目標利益よりも損失の方をあえて大きくしてある。

※5min EMA20を上下に乱高下するような相場では利用できない。また相場に勢いがある程度必要なため、これに限ったことではないが欧州からNY参入までの比較的値動きのある相場を利用する。
posted by FXデイトレードスキャルピングトレード at 23:04 | Comment(0) | トレードアイデア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

ユーロ待ちの相場

ユーロのもう一段の高値を待つ相場
posted by FXデイトレードスキャルピングトレード at 01:02 | Comment(0) | FXデイトレードスキャルピング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

移動平均をレジスタンス・サポートに利用する際の考察

トレンドラインをレジスタンスもしくはサポートととして利用する場合はラインへの到達が初めての場合と短期間で再びトライをする場合では意味合いが大分変わってくる。

トレンドラインをレジスタンス・サポートに利用してトレードを行う場合には明確な方向性を示した相場であればファーストコンタクトが最重要となる。主に時間足でのトレードに利用しているが長期的なトレードにも同じことがいえる。

※EMA20を利用
posted by FXデイトレードスキャルピングトレード at 12:21 | Comment(0) | FXデイトレードスキャルピング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

平滑移動平均を利用したトレード 平滑返し

平滑移動平均(EMA20)を利用したトレード、ポンド円

1時間足、平滑移動平均(EMA20)を抵抗ラインに利用したトレード 平滑返し
126.74 売り
125.01 利食い
posted by FXデイトレードスキャルピングトレード at 11:31 | Comment(0) | FXデイトレードスキャルピング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX(為替)にて値動きが起こる要因は買いか売りしかない。

為替にて値が動く原因は誰かの買いと誰かの売りによって形成されていくものが現在の価格であり未来の価格となる。つまり相場の方向性をイメージする際に買いの可能性と売りの可能性の双方が重なるグレーな部分でトレードを行っていけば大きな値幅の利益を獲得することはできないが少ない利益を比較的容易に見出すことができる。

例えば上昇トレンドが明確に意識される展開で相場が推移していた場合、市場参加者は買い場、つまり押し目を待ってチャートを眺めている。すると価格が思っていた押し目に到達する。これが第一買いのポイントになる。しかし押し目のすぐ下にはレジスタンスが控えており抜ければ大きく下げるといったポイントが存在する。ここが売りのポイントになる。この両者は負ける確立が非常に高い。買いを入れたとたんにレジスタンスを割れて損切りが定石。レジスタンスを割れて売った場合も建値ストップを刈り取る値動きにやられ負ける。

ではどうするのか。今回のケースでは買いが正解。ただ第一買い場ポイントではなく、売りと買いが重なるグレーなゾーン。グレーな部分とは上昇からトレンドが売りに切り替わりそうなところ。罫線ならレジスタンスを割れてから再度下値に向かうような状況。移動平均であればデッドクロスが発生して再度下値方向に向かう状況や平滑移動平均の方向性を見るように利用している場合は抵抗ラインを軽く超えたところなどである。

感覚的な記載になってしまったが事実である。
posted by FXデイトレードスキャルピングトレード at 10:39 | Comment(0) | FXデイトレードスキャルピング戦略 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。